1. TOP>
  2. STAFF BLOG>
  3. 2015年7月

『土用の丑の日』

2015.07.24

毎日、暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日7月24日は土用の丑の日です。

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため江戸時代にはこの期間の丑の日を

「土用の丑の日」と重視し、薬草のお風呂に入ったり、お灸をすえたりすると夏バテや病気回復に効果が

あるとされていたそうです。

また7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないとも言われております。

実はこの風習、江戸時代の万能科学者で発明家でもある平賀源内(香川県出身・エレキテルが有名)が

しかけたものという説があります。

源内の知り合いのうなぎ屋さんが、夏はうなぎが売れなくて困っていたので、店の前に「土用丑の日、うなぎの日」

という張り紙をしたところ、これが大当たりし土用の丑の日にうなぎを食べるという風習に結びついたそうです。

 

unagi27・7.jpg

 

元々、この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので

「う」のつく食べ物=「うなぎ」が定着したものと考えられております。

まさに現代における広告宣伝のキャッチコピーが大成功をおさめたと言えるでしょう。

もしこれがうなぎ屋さんではなく焼き鳥屋さんだったら・・・違った展開になっていたかもしれませんね。

 

これから梅雨も開け、夏本番です。

皆様も夏バテに負けないよう「う」のつく食べ物をしっかり取ってこの暑さを乗り切りましょう!!

 

(K・T)

 

PAGE TOP