1. TOP>
  2. STAFF BLOG>
  3. 2011年9月

Bubinga

2011.09.29

Bubinga9・29.jpg

 

先日、私共の本社ショールームに長い間鎮座しておりました長さ約6m、厚さ約80mmのブビンガ無垢板大テーブルの嫁ぎ先が決まり、お化粧直しの為ショールームより搬出されました。(本社ショールームにお越しになられたお客様ですとお目にしたことがあるかと思います。)

これだけの大きさになりますとかなりの重量があり、搬出と言っても大人数での大変な作業となりました。

そこでこのブビンガという木について調べてみる事に・・・・・。

日本での市場でも比較的目に触れる事の多いアフリカ産の広葉樹で、材面の美しさを利用した用途が多く、どちらかと言えばローズウッド類と同じ様な用途に用いられております。

アフリカの赤道地帯、ナイジェリア南東部からカメルーン、ガボン、コンゴ地域に分布し幹の直径は約1m、樹高は約25~30mに達します。

上の写真右側、幹の根元の白いのが人間です。どのくらい大きいかがお分かり頂けるかと思います。

辺心材の差は明瞭で、心材は赤褐色、赤ないし桃褐色の縞が現れ、辺材は淡色。木質は重硬で加工や乾燥は困難、また強度があり耐久性にも優れ、特に白蟻などの虫害に抵抗性があります。

 

余談になりますが、にほんの和太鼓の胴には古来より欅が利用されてきましたが、近年大きな径の木が採れなくなってきているので欅に代わってこのブビンガが利用されているそうです。

(だがしかし、このブビンガも丸太輸出禁止らしく貴重品扱いとなっているそう・・・・・)

 

アフリカ地方からはるばるやってきた木材が日本古来の楽器に使用され、またお祭りに参加しているというのもなんとも不思議な話であります。

 

ショールームの水槽-3

2011.09.17

9月に入り秋の気配を感じられると思いきや依然残暑が猛威をふるっており、まだまだ熱中症対策など油断できない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、以前よりご紹介させていただいておりますエンゼルフィッシュの子供たちについての経過報告をさせていただきます。

前回の「ショールームの水槽-2」の時と比べますと数も減る事なく順調にかなり大きくなり、大きな水槽の中を元気に泳ぎ回っております。

現在、大小はありますがだいたい2~4センチ位の大きさでしょうか。背びれ尾びれなども綺麗に揃い、大人のエンゼルフィッシュとほぼ同じ形状になりました。

と言いましても子供は子供ですから安心はできませんが、スタッフ皆で子供たちの世話&水槽のメンテナンスに奮闘しております。

sakana9・16.jpg

また毎度の事にはなりますが、ショールームにお越しの際には是非、エンゼルフィッシュ達の元気な姿を見てやってください。どうぞ宜しくお願い致します。

                                                    

                                                    ショールームスタッフ Y・M

 

 

『インテリアショールーム体験バスツアー』

2011.09.05

bustour23.9.5.jpg来る10月13日木曜日、社団法人インテリア産業協会九州支部主催のインテリアショールーム体験バスツアーに、弊社福岡ショールームが初参加いたします。

家具・照明・ファブリック・住宅設備機器等のショールームを、1日かけて見学するバスツアーで、6つのコースからお選びいただけます。バス移動中には、同行するインテリアコーディネーターがインテリアに関するご質問に何でもお答えいたします。参加者全員に、各ショールームからプレゼント進呈!グランドハイアットまたはハイアットリージェンシーでの優雅なランチ付!!

 

モリシゲ福岡ショールームでは、沢山の漆塗製品や漆器小物をご覧頂きながら、様々な塗りの技法の紹介、漆製品の魅力、適切なお手入れ方法をご紹介します。

一般的に「高価なもの」、「特別な時に使うもの」、「お手入れが大変」というイメージのある漆製品ですが、実際に見て、触れて、知って、使ってみたい!と、より身近に感じていただきたいと思います。

是非この機会にご参加くださいませ。(福岡ショールームN・K)

 

・参加費 お一人様:1.500円(昼食代込み)

 

・応募締切 9月20日まで

 

・お問い合わせ先:福岡ショールーム(TEL092-482-0311)

 

詳細につきましては下記HPをご覧ください。

http://kyushu.jiia.net/event/detail.html#bustour2011

 

PAGE TOP